Creative Studio MENU サイト構築 スマホ対策 ネットショップ制作 システム開発 音楽サイト お問い合わせ 会社概要 ブログ

【ペイジェント】洗替(オート)の試験環境テストの方法

ペイジェントの洗替の試験環境でのテスト方法をご説明します。

ペイジェントはとにかくマニュアルPDFが多い!

どれを見ればいいかを探すだけでも1時間位かかったりします。

 

まず洗替を知るには

導入補足資料(カード情報更新(洗替)).pdf

のPDFを見て下さい。

 

今回説明する洗替の試験環境方法のマニュアルは

試験環境ツール利用手順書(カード情報更新(洗替)).pdf

を見て下さい。

 

洗替の試験環境の実施の流れ


洗替の試験環境の流れは3つです

1.カードの登録



2.試験環境ツールページで洗替処理実行



3.結果の確認

の流れとなります。

一つ一つ説明していきます。

 

1.カードの登録


まずは試験環境にカード情報を登録します。

電文025でカード情報を登録します。

既に登録済みでしたらこの工程は必要ないです。

 

2.試験環境ツールページで洗替処理実行


まず試験環境ツールですが

https://sandbox.paygent.co.jp/testtool/

こちらのページになります。

このページ内の

マーチャントID、マーチャント接続ID、マーチャント接続パスワード

にペイジェントの加盟店管理者サイト内の

システム設定→試験環境内の情報をそのまま貼り付けます。

 



 

貼り付けたら検索は押さず、ページ一番下の

「洗替処理実行」

をクリックします。

 



 

するとすごいわかりづらいですが、画面一番下に

「正常終了しました。」

と出れば成功です。

 

3.結果の確認


処理が成功したら、数十分~数時間後にペイジェントに登録してある担当者1~3宛にメールがきます。

メールタイトルは

「【ペイジェント】ファイル一括処理完了のお知らせ(受付番号:」

というのがきます。



↑こんなメール。


ペイジェントオンラインの試験環境のメニューにファイル処理がない場合


メールには

「左メニューのファイル処理をクリックし」

とありますが、

あれ?メニューにファイル処理がないんだけど。。

という場合があります。

その場合は、ファイル処理をメニューに表示する設定が出来ていないので



管理画面→ユーザー管理で自分のアカウントを選択して

利用可能機能の「ファイル決済」にチェックを入れて更新をして下さい。

すると左のメニューに



↑ファイル処理が表示されます。

 

 

 

ここまで出来たら洗替(オート)の試験環境実施は完了です。

本番環境の洗替の申請をしましょう。