給与所得者の扶養控除等(異動)とは?

給与所得者の扶養控除等(異動)とは何か?

アルバイトやサラリーマンやった事がある人なら誰でも書いた事がある、書類

「給与所得者の扶養控除等(異動)」

じゃあこの書類はいったい何の為の書類なのか?

まず、この書類を提出するメリットは何か?

ズバリ

払う所得税を少なく出来る!

この1点につきます。

別に提出しなくても罰則等はありません。

あ、提出しないの?それじゃあ今年の所得税多めに払ってもらうからよろしく~

行政側からはこうなります。

かならず提出しましょう!

では、提出した場合としない場合でどのくらい差があるのでしょう?

例として、一人社長で控除後の給料が168000円だとしましょう。

「給与所得者の扶養控除等(異動)」

を提出した場合は、源泉徴収税額表の甲の欄で計算します。

逆に提出していない場合は乙の欄で計算します。

提出している場合は3620円なのに対して

提出していない場合は11400円。。。。

3倍近い税額になります!

かならず提出しましょう!!

書類の名前から、扶養家族が0人なら提出しなくてもいいのでは?

と思ってしまいがちですが、0人でも税額が全然変わってしまいます!!

提出期限は?

給与所得者の扶養控除等(異動)の提出期限ですが、その年の最初の給料をもらう前日までになります。

新しく会社に社員が入社したらかならず書いてもらうし、自分が転職等してもかならず書いてもらうものになります。

大体は12月になったら書いてもらう事が多いです。

提出先は?

法人は管轄の税務署に提出するのかと思いきや、これは会社で保管しておけばいいようです。

一人社長の場合は、自分で書いて保管しておけばいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする