【サーバー検証】会員1万人のサイトに最適なサーバーを調査

エックスサーバーで管理しているサイトが重くなってきたので引越を検討。

wordpress会員サイトで1万人のユーザーをストレスなく管理したい。

サーバー会社は色々あるけど、1万人の会員を運営するのに最適なサーバー会社はどこか?

その場合の最適なプランはどれか?

数社検証してみました。

【AWS】

データベース:db.t3.medium

EC2 RDS 月額 1万人表示タイム
t3.medium db.t3.medium 13000円 12327 ms
t3.large db.t3.medium 18000円 5048 ms

データベース:db.t3.large

EC2 RDS 月額 1万人表示タイム
t3.medium db.t3.large 15000円 11072 ms
t3.large db.t3.large 20000円 3809 ms
t3.xlarge db.t3.large 30000円 2570 ms
m5.large db.t3.large 20000円 3402 ms

噂のAWSの使用感ですが、やはり最先端の技術と長い実績があり、機能もキメ細かくアレンジ出来ていじってて楽しいです。

データベースをlocalhostでも、データベースサーバー別でも出来たのですが、せっかくAWSなのでデータベースは別サーバーでの検証です。

ランクを上げれば上げるほどスピードが上がるのが体感出来ます。

上は天井知らずで数百万人ユーザーに対応させる事も出来そう。

一番のメリットは途中でサーバースペックを変更出来る事。

サイトの成長に合わせてスペックも上げていける。

ただデメリットはなんといっても、操作が複雑。

独自のシステムなので、聞いた事ない専門用語ばかりで最初はかなり手間取ります。

あと、何もしても課金される。

従量課金なので、少し人気のサイトならサーバー代金とは別に通信料で数万円かかりそう。

予算が許されるならAWSはいいですが、今回1万人サイトなので少しオーバースペックかも?

【エックスサーバー】

エックスサーバーで検証、

https://business.xserver.ne.jp/service/functions.php

サーバー プラン 月額 1万人表示タイム 10万人表示タイム
共有 x10 1,000円 124856 ms 測定不可
マネージド専用 エントリー 27,000円 8297 ms 340698 ms
マネージド専用 ハイエンド 72,000円 4836 ms 53245 ms

x10は月1000円なので機能に文句を言うほうが間違ってます。

この値段で一応ある程度のサイトは組めるので。

ただ1万人表示に2分以上かかりました。

会員1000人でもうモッサリしていまいます。

エントリーの方は1万人表示に8秒かかりました。

10万人表示ではなんと5分!!

思ってたより遅いですね;;

ハイエンドはすごくいいです。

1万人表示4秒、10万人でも53秒という好記録。

使用感としても色々サーバーいじってきましたが一番使いやすいです。

落ちたりはもちろんしないし、サクサク動く。

10万人の会員でも問題ありません。

1万人ではちょっと高いかな。

【さくらクラウド】

さくらクラウドにkusanagiでwordpressを入れて検証してみました。

CPU メモリ 月額 1万人表示タイム
4 8gb 10450円 8594 ms
20 16gb 33330円 6662 ms
8 64gb 51840円 6248 ms
20 224gb 170610円 6271 ms

サクラクラウドの使用感としては、やはり一番感じたのは

「504 Gateway Time-out」

が頻発する事。

FTPもなぜかすぐ切断する、かなりストレス。

他のサーバーに比べてかなり多い。

ブラウザからSSH操作が出来るコンソールがあるけど、重くて使えない。

この検証をする為にwordpressに1万人分のユーザー情報を入れているんだけど、1万人いれるのに5~6回落ちている。

これはCPUやメモリのランクに関わらず発生しました。

何か設定で回避出来るのかと思ったのですが、どうやらそのような機能はない。

AWSと比べて値段の割に性能は悪いし、不安定。

↑の表の一番下のはサクラクラウドの最高レベルのサーバーで、20仮想コア224GBの月17万円のかなり高いサーバーですが、スピードが速くならず???

AWS検証ではランクを上げる度にスピードを実感出来ましたが、サクラクラウドはランク上げても体感が変わらず。。?

日本産のクラウドサーバーに期待しましたが、AWSと比べるのも意味がないほど色々悪い所が目立つ。

日本と欧米のITの実力差を感じます;;

とりあえずサクラクラウドはお勧めしません。

【カゴヤサーバー】

カゴヤサーバーのマネージド専用サーバーを検証しました。

https://www.kagoya.jp/dedicated/managed/

プラン メモリ/CPU 月額 1万人表示タイム 10万人表示タイム
044Quad 16gb/Xeon4core 11000円 2705 ms 60290 ms

正直びっくりしました。

11000円なので一切期待せず検証したのですが、まさかの3秒切り。

使用感としては本当にサクサク。

エックスサーバーのハイエンドの7万円のより早くて軽い。

10万人表示も60秒と7万のサーバーとほぼ変わらない成績。

逆に性能良すぎて何かおかしいのでは疑いました。

専用サーバーなのに管理画面もあり操作もしやすい。

コスパ最強です。

【ウィンサーバー】

あまり聞かないですが、ウィンサーバーという会社の専用サーバーをテストしてみました。

https://www.winserver.ne.jp/service/private/private_s/

専用サーバーのスタンダード2019で検証

プラン メモリ/CPU 月額 1万人表示タイム
standard2019 16gb/Xeon E-2134 14000円 8688 ms

ウィンサーバーの一番の特徴は、サーバーOSがWINDOWSサーバーであること。

初めて触りました。

普段LINUXばかりなので、少し扱いづらい。

慣れれば大丈夫とは思いますが。。

使用感としては、値段の通りかな。

月14000円で、1万人表示に8秒台。

悪くはない。

ただ、ウィンドウズサーバーのリモートデスクトップでの操作が少しやりづらい。

【まとめ】

5社のサーバー会社を検証してみました。

AWS、エックスサーバー、カゴヤ、サクラ、ウィンサーバー

順位をつけるなら

AWS > カゴヤ > エックス > ウィン > サクラ

ですね。

サクラだけは使いたくない。

●AWS、予算に余裕があるならお勧め、操作は難しい。

●カゴヤ、安いのに早い、コスパ最強、管理画面もあり◎。

●エックス、管理画面があり使いやすいが、値段の割に性能は悪い、良くも悪くも一般向けかな。

●ウィン、WINDOWSサーバーでの操作が独特、スピードはまあまあ。

●サクラ、全てにおいて×。

となりました。

今回は予算があまりないのでカゴヤにしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする