【ペイジェント】洗替(オート)の試験環境テストの方法

ペイジェントの洗替の試験環境でのテスト方法をご説明します。

ペイジェントはとにかくマニュアルPDFが多い!

どれを見ればいいかを探すだけでも1時間位かかったりします。

 

まず洗替を知るには

導入補足資料(カード情報更新(洗替)).pdf

のPDFを見て下さい。

 

今回説明する洗替の試験環境方法のマニュアルは

試験環境ツール利用手順書(カード情報更新(洗替)).pdf

を見て下さい。

 

洗替の試験環境の実施の流れ

洗替の試験環境の流れは3つです

1.カードの登録

2.試験環境ツールページで洗替処理実行

3.結果の確認

の流れとなります。

一つ一つ説明していきます。

 

1.カードの登録

まずは試験環境にカード情報を登録します。

電文025でカード情報を登録します。

既に登録済みでしたらこの工程は必要ないです。

 

2.試験環境ツールページで洗替処理実行

まず試験環境ツールですが

https://sandbox.paygent.co.jp/testtool/

こちらのページになります。

このページ内の

マーチャントID、マーチャント接続ID、マーチャント接続パスワード

にペイジェントの加盟店管理者サイト内の

システム設定→試験環境内の情報をそのまま貼り付けます。

 

 

貼り付けたら検索は押さず、ページ一番下の

「洗替処理実行」

をクリックします。

 

 

するとすごいわかりづらいですが、画面一番下に

「正常終了しました。」

と出れば成功です。

 

3.結果の確認

処理が成功したら、数十分~数時間後にペイジェントに登録してある担当者1~3宛にメールがきます。

メールタイトルは

「【ペイジェント】ファイル一括処理完了のお知らせ(受付番号:」

というのがきます。

↑こんなメール。

ペイジェントオンラインの試験環境のメニューにファイル処理がない場合

メールには

「左メニューのファイル処理をクリックし」

とありますが、

あれ?メニューにファイル処理がないんだけど。。

という場合があります。

その場合は、ファイル処理をメニューに表示する設定が出来ていないので

管理画面→ユーザー管理で自分のアカウントを選択して

利用可能機能の「ファイル決済」にチェックを入れて更新をして下さい。

すると左のメニューに

↑ファイル処理が表示されます。

 

 

 

ここまで出来たら洗替(オート)の試験環境実施は完了です。

本番環境の洗替の申請をしましょう。

【セキュリティ】パケットとは?

パケットとは?

パケットというのは情報の1単位の事です。

よく昔のガラケーでパケット料金と言われていたあれです。

1パケットは128バイト、日本語なら64文字です。

 

↑上の文章が大体1パケットくらいです。

200文字の原稿用紙一枚で3~4パケットくらい。

 

ちなみにパケットは英語で日本語で小包の事です。

情報を塊で送る事で色々便利になってます。

向かい合う二人が片方に水を送ろうと思ったら、ホースで水を送るより、水風船に一つ一ついれて送ったほうが確実に送れます。

もし途中で割れても、どの分が割れたかわかりやすいので再送もしやすい。

 

パケットの中身

パケットの中は文字だけではありません。

途中で迷子にならないように宛先と送り元の住所が書かれています。

この辺はハガキや本当の小包のイメージです。

宅急便の伝票には宛先と送り元の住所が書かれていますね。

この情報があれば、例えどこかで落としてもどこ宛なのか、どこから来たのかわかるのです。

 

ちなみに5分の動画は大体10MBくらいなので、81,920パケットになります。

81,920個の小包を送って、その全部を受け取ったら5分の動画ファイルとなるのです。

【ペイジェント】カード決済ステータス一覧

ペイジェント決済のカード決済ステータスの一覧です。

10 申込済 ※オーソリ判定に失敗し、レスポンスコードが2003の場合
11 オーソリNG ※オーソリ判定に失敗し、レスポンスコードが2003以外
13 3Dセキュア中断
14 3Dセキュア認証
20 オーソリOK
30 売上要求中 ※売上に失敗した場合、基本は発生しない
31 オーソリ取消中
32 オーソリ取消済
33 オーソリ期限切
40 消込済 ※売上に成功
41 消込済(売上取消期限切)
42 売上取消中
50 売上取消集計中
60 売上取消済

※レスポンスコード2003とは「カード情報入力エラー」です。要するに入力間違い。3回までリトライ可能。

【ペイジェント】試験環境ツールとは

ペイジェントの試験環境ツールですが、ペイジェントが用意している試験環境時にテストをする為のページの事です。

URLは

https://sandbox.paygent.co.jp/testtool/statusupdatesearch

試験環境ツール

こちらですがブラウザに証明書を入れないと見れないので、ペイジェントから証明書をもらってから使って下さい。

 

●ページの内容ですが

↑このようなページ内容になっています。

・仮想口座データ生成

・請求停止カード登録

・コンビニ決済

・洗替処理実行

のテストが出来ます。

【ペイジェント】洗替のオートとマニュアルの違い

・まず洗替がわからないという方は

クレジットカードの洗替とは?

https://creative-studio.jp/2019/11/06/%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ae%e6%b4%97%e6%9b%bf%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f/

こちらのページを見てみて下さい。

 

ペイジェントクレジットには洗替のサービスがあります。

そして、洗替にはオートとマニュアルの二つが用意されています。

 

ペイジェントの洗替のオートとは?

ペイジェントの洗替のオートについて説明します。

洗替オートはそのままですが、店舗側は何もしないでもペイジェント側でカードの洗替をしてくれます。

毎月1日に預けているカード情報全部を洗替作業をしてくれます。

カードが有効か、カードの有効期限が新しくなっていたらカード情報の更新を自動でやってくれます。

カード情報が自動で更新されるので、カードの期限切れがなくなり、料金未回収を防ぐ事が出来ます。

唯一のデメリットとしては、カードの指定は出来なく、全部のカードの情報を更新します。

 

ペイジェントの洗替のマニュアルとは?

洗替のマニュアルですが、オートと違いこちらからファイル決済要求をして、指定したカード情報の洗替を指示する形になります。

ですのでシステム的には、かなり複雑になります。

マニュアルには2種類あり

・ペイジェントオンラインの画面からCSVファイルを上げて洗替させる方法

・サーバーにCSVファイルを上げてモジュールで自動で洗替させる方法

の二つがあります。

 

●CSVを自分で作ってペイジェントオンラインの画面から上げる方法ですが

ペイジェントのマニュアルの中のエクセルの

ファイル処理マニュアル(カード決済)ver.1.0.xlsx

の024カード情報更新(洗替)のSTEP1~STEP3までを埋めて、自分でアップロードをします。

 

●モジュールを使って洗替する方法

モジュールは高度な知識が必要となります。

電文種別200の取引種別024のカード情報更新要求(洗替)となります。

CSVは事前にサーバー内に置いておく必要があります。

 

 

 

クレジットカードの洗替とは?

そもそも洗替が何かわからない方がほとんどだと思いますので説明します。

 

洗替とは

洗替というのは、一言で言えばクレジットカードの自動延長です。

 

クレジットカードはかならず有効期限があります。

例えば、2020年9月まで、2023年3月まで等の有効期限がカードに書いてあります。

ただこの有効期限、カードを何十年も持ってる方ならご存じだと思いますが、カードを更新してもカード番号は変わらず、有効期限が新しいカードになります。

ここが重要で

カード番号は変わらない

カード番号が変わらないなら、クレジットカード決済会社にカード情報を預けていれば、カード番号は変わらないんだから、有効期限だけ更新していけば、一回一回顧客が自分でカードの更新処理をしなくてもよくなります。

これはカード決済を導入している店舗やサービスだとかなり重要になります。

なぜなら、カード更新のタイミングでそのまま退会する人が多いからです。

カード更新を自動で出来れば、退会する人をぐっと減らせるのです。

 

洗替の仕組みですが、例えばここに

12344123412341234

というカード番号のクレジットカードがあるとします。

有効期限は2019年11月としましょう。

ここである仮定が生まれます。

「このカード更新時期だけど、このままカード更新されているのでは?」

カードが更新されていればカード番号は

12344123412341234

のままで有効期限が2024年11月になっている可能性が非常に高いのです。

ほとんどのカードが有効期限の更新すると5年後まで有効で更新されるからです。

なので決済会社がクレジットの会社のシステムに

「この番号のカードですが、2024年11月が更新期限ですか?」

と質問するのです

もし更新されていれば

「YES!!そうですよ!!」

と返事が返ってくるので、よしじゃあこのカードの有効期限を今まで2019年11月までだったのを、2024年11月で登録しなおそう。

とできるのです。

これが洗替です。

 

洗替のメリット

洗替のメリットですが、逆に言うとメリットしかないです。

・自動で延長されるので顧客が更新手続きをしなくてすむ

・店舗側も顧客の退会を防げる

・店舗側でカード更新期限のお知らせ等のメールを打たなくてする

・決済失敗がなくなる

・未回収リスクをなくせる

等々メリットいっぱいです。

売上にも直結するので導入して損はないです。

月額課金サービス、定額サービス等はこのカード期限切れ問題はかならずついて回るので、洗替導入する事を強くお勧めします。

 

洗替のまとめ

・自動でクレジットカードを最新の情報に更新するサービス

と覚えて下さい。

【PHP】 指定文字より前を取得したい

現在のページのURLの整形をしたい時に、パラメーターが邪魔な事があります。

$url = ‘http://sample.com/?page_id=68&nav=4’;

このURLの

&nav=4

を削除したい場合

$url = substr($url, 0, strcspn($url,’&’));

これで

$url = ‘http://sample.com/?page_id=68’;

となります。

strcspnで&が出現するのか何文字目かを調べています。

何文字目かわかればsubstrで0文字目から、そこまでを切り出しています。

phpでセッションを使うとhistory.back()が効かない

history.back();

は非常に便利でよく使いますが、うっかりphpのsession_start()を使うとhistory.back()が効かなくなります。

これはsession_start()をする事でキャッシュをしないようヘッダが送られる為に出る症状です。

対策としては、セッションを使うのをやめてクッキーを使う。

または

session_cache_expire(0);
session_cache_limiter('private_no_expire');
を使う事で回避する事が出来ます。

android studio intent(インテント)とは?

インテントとは、androidで画面を遷移する際にActivetyを呼び出すしくみです。

例えばボタンを押したらトップページに戻る画面遷移をしたい場合は

 

Intent intent2 = new android.content.Intent(this, MainActivity.class);
startActivity(intent2);

のようになります。

Intent intent2 = new android.content.Intent(this, MainActivity.class);

ここでMainActivityをintent2に入れて

startActivity(intent2);

でintent2を表示しています。