【ペイジェント】モジュールの設定方法:php7の場合

今までphp5が主流だったのですが、最近のサーバーはphp7が主流になったようで、ペイジェントの設定も少し変わったようなので改めてモジュール設定方法を書いてみます。

ペイジェントはリンク式とモジュール式を申込時に選択出来ますが、モジュール式を申し込んでください。

リンク式は簡単ですが、色々出来ない事が多いので結局モジュールに変える事になるからです。

それでは早速、php7でのモジュールの設定方法を説明します。

試験環境での説明になります。

1.接続キットの入手

まずはモジュールの接続キットを入手します。

加盟店管理サイト→システム設定→試験環境

のページ上部に表示されている

「接続キット」

の箇所のダウンロードリンクからZIPファイルを入手します。

接続キットのダウンロード

↑ダウンロードリンクからZIPファイルをダウンロードします。

ダウンロードリンクが表示されていない時には申込が完了していません。

また、申込をリンク式で申し込むと中身が足りなくなりますので、モジュールで申込直して下さい。

2.中身の確認

ZIPファイルを開いて中身を確認します。

今回はphp7での説明になりますので、申込時にphpで申し込みます。

ZIPを展開して開いたら、以下のようにphpフォルダを確認します。

php版の中身が

↑こうなっていればOKです。

php7を開きます。

では作業を開始します。

3.必要ファイル2つをアップロード

「CAファイル(試験・本番兼用)」を開きます。

今回はサーバーに「paygent」フォルダを作りそこで作業する事とします。

curl-ca-bundle.crtファイルをアップロードします。

/paygent/curl-ca-bundle.crt

となります。

同じ様に

「サーバ用クライアント証明書(試験用)」

の中の

test2-●●●●●_client_cert.pem

ファイルもアップロードします。

/paygent/curl-ca-bundle.crt

/paygent/test2-●●●●●_client_cert.pem

現状はこうなります。

4.接続用モジュールをアップロード

次に接続用モジュールをアップロードします。

今回は一番簡単な設定方法にします。

composerなしでの設定方法となります。

/接続用モジュール(試験・本番兼用)/composerなし/vendor.zip

とありますので

vendor.zip

を展開します。

展開した

vendorフォルダをアップロードします。

/paygent/vendor/

となります。

5.modenv_properties.phpの編集

vendor/paygent/connect/src/paygent_module/

のディレクトリに

modenv_properties.php.sandbox

ファイルがあります。

sandboxは試験用ファイルです。

このファイルをリネームして

modenv_properties.php

としてエディターで開きます。

### クライアント証明書ファイルパス ###
paygentB2Bmodule.client_file_path=

の箇所にアップしたpemファイルへのパスを書きます。

### クライアント証明書ファイルパス ###
paygentB2Bmodule.client_file_path=/home/paygent/test2-●●●_client_cert.pem

●crtファイルへのパス

### 認証済みのCAファイルパス ###
paygentB2Bmodule.ca_file_path=

### 認証済みのCAファイルパス ###
paygentB2Bmodule.ca_file_path=/home/paygent/curl-ca-bundle.crt

●接続IDとパスワード

### 接続ID、接続パスワードが設定されない場合に使用されるデフォルト値(空白可) ###
paygentB2Bmodule.default_id=●●●
paygentB2Bmodule.default_password=●●●

このIDをパスワードは

加盟店管理者サイト→システム設定→試験環境

のこの箇所にあります。

この接続IDとパスワードを記入。

●ログファイルを置いて記入

### ログファイル出力パス ###
paygentB2Bmodule.log_output_path=

ここですが、適当にテキストファイルに名前をつけて

log.log

として

/paygent/log.log

としてアップして

### ログファイル出力パス ###
paygentB2Bmodule.log_output_path=/home/paygent/log.log

として保存してアップロードします。

vendor/paygent/connect/src/paygent_module/modenv_properties.php

となります。

6.最後に確認

ここまで出来たらほぼほぼ初期セットは完了です。

ちゃんと動くかテストします。

test.php

ファイルを作り

include_once(“vendor/autoload.php”);
use PaygentModule\System\PaygentB2BModule;
$p = new PaygentB2BModule();

var_dump($p);

と書いてアップロードします。

/paygent/test.php

となります。

これでvardumpしてブラウザからアクセスして展開されれば成功です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする