【php7】PhpSpreadsheetの手動インストールの簡単なやり方(一番簡単な方法かも)

今までphpでexcelを扱おうと思ったら、ほとんど一択で

PHPExcel

と使っていました。

ただ時代は流れ、php7が主流になってきた今、なんとPHPExcelがphp7だと使えない!?

という事態になって焦って検索している方多いと思います。

そこで今注目を浴びているのが

PhpSpreadsheet

です。

php7対応のexcelライブラリです。

使い方はそれほど難しくなく、サーバーから

Composer

で簡単に入れられます。

ただ!

環境やクライアントの状況によっては、そもそもサーバーに入れさせてもらえないとか、ftp情報しかもらえないなんて事もあります。

なんか方法はないのか。。。

サーバーからじゃなくて、手動でftpからセット出来ないの!?

と皆さん思われていると思います。(私もそれで検索した

ネットを検索しても、中々なかったので自分でページ作りました。

PhpSpreadsheetの手動インストール方法

方法は簡単です。

1.まずこちらのzipファイルをローカルに落として解凍して下さい。

excel.zip

フォルダ構成は

2.こうなっていますので、ftpで同じ階層に上げて下さい。

3.ブラウザからexport.phpにアクセスすれば、エクセルファイルが落とせるようになっています。

PhpSpreadsheetの本体のvenderを

require ‘vendor/autoload.php’;

で読み込んでいます。

あとは煮るなり焼くなり好きにしてください!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする